http://jp.gemhold.cn
ホーム > 製品情報 > ゴム ・ プラスチック > プラスチック添加剤として塩素化ポリエチレンCPE 135A

プラスチック添加剤として塩素化ポリエチレンCPE 135A

    お支払い方法の種類: L/C,T/T
    Incoterm: FOB,CFR,CIF
    最小注文数: 1 Metric Ton
    納期: 15 天数
基本情報

モデル: CPE 135A

種類: 安定剤

外観: パウダー

Names: Chlorinated Polyethylene CPE 135A

CAS No: 64754-90-1

Additional Info

包装: 25kg /袋

生産高: 1000MT/Month

ブランド: Gemhold

輸送方法: Ocean

原産地: 中国

供給能力: 1000MT/Month

製品の説明

塩素化ポリエチレン (CPE、 CPE 135A ; CPE 135Bおよび種々の誘導体)は、34〜44%の塩素含量を有するポリエチレンの安価な変種である。これは、軟質のゴム状塩素化ポリエチレンがPVCマトリックスに埋め込まれて耐衝撃性が高まるため、ポリ塩化ビニル(PVC)とのブレンドに使用されます。また、耐候性も向上します。さらに、可塑剤の移動を危険にさらすことなくPVC箔を軟化させるために使用されます。塩素化ポリエチレンは、過酸化物により架橋されて、ケーブルおよびゴム産業で使用されるエラストマーを形成することができる。塩素化ポリエチレンを他のポリオレフィンに添加すると、燃焼性が低下する。

Application

CPE-135A is recommended to produce all kinds of opaque PVC products as PVC profiles, PVC fence, PVC pipe products, etc.

 Product group characteristics

Performance

Indicator

Appearance

White powder

Volatile Content(%)

0.40

Heat of fusion(J/g)

2.0

Chlorine Content(%)

35±2

Sieve residue(0.9mm aperture)

2.0

Colored Particles (pieces/100g )

20

Tensile Strength(Mpa)

6.0

Shore A hardness(A)

65

Tg(°C)

1.1-1.2

Specific gravity

0.40-0.60

Bulk density(g/cm3)

5.0

CaCo3 content(%)

5.0

Reference formulation

Recommended using dosage:8.0-12.0kg per 100kg PVC resin.

利点

1.破断伸びおよび延性に優れた伸び率
PVC樹脂との相性が良い
3.良好な耐候性
4.固有の難燃性
5.耐熱性、耐薬品性、耐油性に優れています。
6.高いフィラーレベルの優れた受け入れ



製品グループ : ゴム ・ プラスチック

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
James Yang Mr. James Yang
何か私にできますか?
今チャット サプライヤーと連絡する